指輪

世代別に選ぶ

リング

婚約指輪を購入したいが、どのように選べば良いのか悩んでいる男性は、世代別に多くの人が購入している指輪の傾向や選び方を参考にすると適切です。また、世代別に婚約指輪の相場なども異なるため、自分の世代に適した相場を把握しておけば間違いないといえます。20代後半は共働きが主流になっているため、婚約指輪も好みを尊重する傾向があります。そのため、女性の好みをしっかりとリサーチしておき、確実に喜んでもらえる指輪を購入する傾向が多いといえます。また、いっしょに買いに行くという男性も多く、女性に自分が好きな婚約指輪を選んでもらい、プロポーズをするというカップルが多くいます。不況の影響から、堅実さが20代後半には目立っています。そのため、婚約指輪にかける予算も他の世代に比べると低いといえます。婚約指輪にかける料金を下げ、その分生活にゆとりをもちたいと考えているのです。

また、30代は婚約指輪に高い金額をかける傾向があります。30代になると男性の多くが出世しており、それなりに安定した収入を得ています。また、女性の中にも課長や部長など高い地位で仕事をこなし、満足な収入を得ている人が多くいます。そのため、30代の大人カップルは婚約指輪にかける予算が高いのだといえます。また、プロポーズの際、食事をしながら婚約指輪を渡すのも多い世代です。落ち着いたレストランや思い出の場所で、彼女に突然プロポーズを告げるささやかなサプライズをする男性が多くいます。また、女性もそのようなプロポーズに憧れを抱いている人が比較的多いといえます。ちなみに、20代前半で結婚をする人の多くが授かり婚のため、婚約指輪は購入せず結婚指輪のみ揃えるカップルが多いといわれています。自分の世代に適した婚約指輪や、予算に応じた婚約指輪を選択しましょう。

Copyright ©2015 婚約指輪はランキングで人気を知る|ハートをキャッチングするリング All Rights Reserved.